愛媛県八幡浜市について

299ed434bb50ef8f5b925a61f1f7b9e4-1024x612
八幡浜市(やわたはまし)は、愛媛県西端にある佐田岬半島の付け根に位置する市である。北に伊予灘、西に宇和海を望み、丘陵地が多く、海はリアス式海岸が続き、温暖で風光明媚なところです。古くは、九州や関西地方との海上交易が盛んで「伊予の大阪」と謳われ、現在は、年間40万人近くが行き来する西日本有数の八幡浜港を抱え、四国の西の玄関口、西四国の交流・交易活動の拠点として発展してきました。

温暖な気候と地形を生かした柑橘栽培が盛んで、温州みかんは質・量ともに全国有数の産地であり、「日の丸」「真穴」「川上」「蜜る」など全国に知られたブランドみかんを生産。太陽の直射光、海からの反射光、段々畑の石段の輻射熱の「三つの太陽」を浴びて育ったみかんの美味しさはひとしおと言われます。

また、漁業も盛んで、とりわけ有名なのは、四国一の規模を誇る魚市場です。八幡浜港は天然の良港として栄え、中型トロール船団の基地となっており、四季折々のたくさんの種類の魚が水揚げされ、早朝の活気にあふれた市場風景と産直市場である「どーや市場」は、市の名物となっています。

 

位置
四国の最西端、日本一細長い佐田岬半島の基部に位置し、東は大洲市、南は西予市、西は伊方町に隣接しています。

気候・地勢
北に瀬戸内海、西に宇和海を臨む温暖で自然豊かなまち「八幡浜」。山と海に囲まれ平地が少なく、海岸線はリアス式海岸を形成しています。

アクセス
松山市から車で約1時間30分、JRで約50分 大分県別府港からフェリーで約2時間45分 臼杵港からフェリーで2時間20分

DATA
人口:34,194人
世帯数:16,186世帯
面積:132.68k㎡

公式ホームページ
http://www.city.yawatahama.ehime.jp/

これからのイベント

公式Fecebookページはこちら

ページ上部へ戻る

ゴールドパートナー

シルバーパートナー

ブロンズパートナー

ゴールドサプライヤー

後援